もこにゃんのオールナイトニッポン

カードゲーム中心に更新するブログ 音ゲー、ネトゲなんでもあり

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第66回 「柳生」カード個人見解

2013年 04月15日 18:57 (月)

こんばんは。第66回です。

今回は柳生のキャラ・バトルカードの個人見解を述べていきます。

まずはキャラカードから。

C019~C024 柳生のキャラカードですね。
柳生はレベル5のみ、能力が違います。

C021C レベル3柳生 500/700
射撃または防御のバトルカードを使用した時、バトルカードにATK/DEF+100

C022C レベル4柳生 700/700
このキャラクターカードがダメージエリアに移動した時、1枚ドロー
このキャラクターがダメージエリアに移動した時には、すでにゲームが終わっているかもしれません…
今後の追加カードに期待したいですね。

C023R レベル5柳生 900/700
1ターンに1度、スタンバイフェイズに手札を2枚まで捨て、その後捨てた分だけドロー
手札の入れ替えが出来ます。
このカードが登場した時には終盤なので、使わなかったカードと入れ替えて、備えましょう。

C024SR レベル5柳生 800/800
ディフェンスでバトルに勝った時、カードを1枚ドロー
柳生のバトルカードでディフェンスで勝つのは難しくありません。
防いだ後の1ドローに賭けてみるのも面白いかもしれません。

次に閃属性です。

B004C 天刃 1/0 300/300 -U-
低コストでありながら、Uコマンド持ちです。
そのため、手札に来て困ることはまずないでしょう。
柳生の飛翔の条件の1枚です。

B009C 連刃 0/1 300/200/ -U-
陰陽ゲージに各3枚以上ある時、DEF+300
こちらも低コストでありながらUコマンドもち、更に自己強化と使いやすいです。
ただし、基礎DEFは200なので注意しましょう。
柳生の飛翔の条件の1枚です。

B014C 零雹 1/1 300/300 -U-
ディフェンス側で勝利した時、相手のバトルカードをそのまま捨て札
陰陽ゲージに各4枚以上ある時、DEF+500
低コストでありながらUコマンド、更にディフェンス側で勝てば捨て札、自己強化と抜群の使いやすさです。
柳生の飛翔の条件の1枚です。

次に陽属性です。

B023C 踊り傘 2/0 200/200 CUA
バトルに勝利した時、1ドロー
全コマンド持ち、バトルに勝利した時に1ドローと使いやすいです。
ですが、上昇値は心もとないので、1ドローする必要があるのかを見極めましょう。
相手がディフェンスなしだった時はとてもオイシイですね。

B028C 開華 3/0 400/300 CUA
このカードの重撃で開華を使用した枚数分ATK+200、陽ゲージ5枚以上の時、ATK+200
全コマンド持ち、ATK上昇ととても使いやすいです。
コスト3で重ねれば重ねるほど強くなるので、相手も警戒するはずです。

B033UC 狂い傘 5/0 600/400 -UA
相手のバトルカードが陰属性の時、DEF+400
バトルに勝利した時、1枚ドロー
DEF上昇、カード1枚ドロー、更にUコマンドとコストに見合う働きをしてくれるはずです。
このカードにCコマンドはついていませんので、注意しましょう。

次は陰属性です。

B033C 散り傘 0/2 300/400 CU-
このカードの重撃で散り傘を使用した枚数分、ATK+100
CUコマンド持ちで、かつATK上昇なので、使いやすい1枚です。
また序盤での守りにも使えます。

B043C 残月 0/3 600/400 -U-
このカードの重撃で使用した枚数分、DEF+100
陰ゲージに5枚以上ある時、DEF+300
ATK値も600、そして上昇していくDEFと、とても優れている1枚です。
このカードの重撃で使うカードは指定されていないので、なにか1枚でも重ねればDEF+100されます。

B048UC 返し雨 0/5 700/300 -UA
このカードの重撃で射撃のバトルカードを使用した枚数分、ATK+200
このカードがバトルに勝利した時、1枚ドロー
Uコマンドに加え、射撃のバトルカードを重ねる度にATK+200、更に1ドロー出来ると優れものです。
積極的に狙っていき、相手をけん制できるような使い方が出来れば理想ですね。

次に飛翔です。

B053UC 諸行の音 0/0 1000/0 --A
飛翔共通のテキスト
柳生のバトルカードには、閃属性以外のほとんどにAコマンドがついています。
また、ATK上昇テキストも多数ありますので、狙う価値は十分にあると言えます。

次に秘伝忍法です。

B058R 薙ぎ払う足 4/4 1300/1300 ---
使用条件をしっかり確認しましょう。陰陽閃が忍ゲージにありますか?
自分の手札が5枚以上の時、ATK/DEF+500
バトルに勝利した時、相手の手札を3枚捨て札
手札が5枚の時にこの秘伝を使用した時に、手札は4枚になりますので、ATK/DEFは上昇はしません。
手札の枚数や、今後の展開を十分に考えましょう。

これで柳生のカードの個人見解は終わりです。

柳生のカードにはほぼ何かしらのコマンドがついています。

連閃、重撃、飛翔とその場に応じた展開が可能です。

この自由自在な戦いが出来るのが柳生の強みだと思います。

気を付けたいところは、重撃するタイミングですね。

1つ間違えれば手札消費は激しくなり、攻めも守りも出来なくなります。

いつでも重撃出来るのは確かに強いですが、それだけ手札の消費も多くなります。

自分が気に入っているのは開華です。

コスト、全コマンド、ATK上昇は本当に使いやすいです。

序盤から安定した戦闘展開が出来、中盤は堅い守り、鋭い攻めが理想です。

終盤で特に気を付けたいのが手札枚数です。

手札枚数が5枚以下であれば、相手の秘伝での能力上昇はしないとわかっているので、対策が取られやすいのです。

出来る限り5枚以上にしておき、相手にプレッシャーを与え続けましょう。
スポンサーサイト

テーマ : カードゲーム
ジャンル : ゲーム

第65回 読み合い

2013年 04月12日 00:06 (金)

こんばんは。第65回です。

すみません、次は柳生の個人見解を書こうと思ったのですが、めんd(ry

しっかり個人見解は書きますので。

さて、ふとした時に「読み合い」について少し考えたりします。

カードゲームにしろ、格ゲーにしろ、大事なのは読み合いでしょう。

相手の裏をとる、これが理想です。

が、当然相手も裏をとろうとします。なので、こちらはその裏の裏をとります。

相手は裏の裏を取られるだろうと考えて、さらに裏をとろうとします。

~そして無限ループへ~ これではいけませんね。

なので、裏の裏の裏あたりで表をとってみましょう。

意外と当たったりします。

ですが、相手も裏ばかりではありません。 表をとろうと考えます。

裏でくる…ここで表か…?いや裏…表…

~そしてまた無限ループへ~

相手の行動を読めば読むほど泥沼にはまります。読み合いの一番面白いところであり、重要なところです。

キメにかかるときは、己のすべてを研ぎ澄まして、読み合いに勝ちましょう!

テーマ : カードゲーム
ジャンル : ゲーム

第64回 「葛城」カード個人見解

2013年 04月10日 20:55 (水)

こんばんは。第64回です。

今回は葛城のキャラ・バトルカードの個人見解を述べていきます。

まずはキャラカードから。

C013~C018 葛城ののキャラカードですね。
葛城はレベル5のみ、能力が違います。

C015C レベル3葛城 600/600
打撃のバトルカード時、ATK+200
打撃のバトルカードには使いやすいカードがありますので、活かしやすいと思います。

C016C レベル4葛城 700/700
アタック側で勝利した時、相手の忍ゲージを1枚捨て札
忍ゲージを削ることは相手にとって脅威です。
中盤で相手の忍びゲージを削ることが出来れば、秘伝を封じることが出来ます。

C017R レベル5葛城 800/800
アタック側で勝利した時、山札から2枚捨て札
アタックを通した時に、秘伝忍法や、リミットブレイク、緑の巻物がデッキから落ちれば儲けものです。
ですが、今のところ、デッキ破壊が有効に働いていないので、うまく使いこなすのは難しいと思います。

C018SR レベル5葛城 900/700
アタック側で勝利した時、忍ゲージを2枚捨て札
忍ゲージ2枚を破壊出来れば、相手に相当な痛手を負わせることが出来ます。
秘伝や、リミットブレイクを制限出来れば理想ですね。
ただし、DEFは700なので、注意しましょう。

次に閃属性です。

B003C ミドルキック 0/0 300/300 ---
コストなしで使うことが出来ます。
そのため、海へ行こうや、ゲージが破壊された場合でも出すことが出来ます。
葛城の飛翔の条件の1枚です。

B008C ドラゴンダンス 0/1 200/200 CU-
このカードの重撃時、バトルカードに「ドラゴン」の表記がある場合、ATK+200
CUコマンド持ちでコストも低いので使いやすい1枚です。
ですが、ATK、DEFともに+200しかされないので、攻撃が通しにくい、防御しにくいという問題があります。
手札にドラゴンの表記があるカードを重ねれば重ねるほど、+200されていきます。
葛城の飛翔の条件の1枚です。

C013C サマーソルト 1/1 400/200 -UA
バトルに勝利した時、相手の山札1枚を捨てる
バトルに勝利した時なので、アタック、ディフェンスどちらで勝っても山札を1枚破壊できます。
また、Uコマンドもちなので、使いやすい1枚です。
葛城の飛翔の条件の1枚です。

次に陽属性です。

B022C アックスシュート 2/0 400/300 C-A
相手がディフェンス時、防御だった時、ATK+300
上昇値も悪くないので、使いやすい1枚です。
相手が鉄壁のガードだった場合、+700になっても超えるのは難しいので、あまり過信は出来ません。

C027C ドラゴンバイト 3/0 500/400 C-A
「ドラゴンダンス」の連閃でこのカードを出したバトル開始時、忍ゲージを1枚捨てる
陽ゲージに5枚以上ある時、ATK+200
ドラゴンダンスのATKが低いのは、この効果があるからだと思います。
出すだけで忍ゲージ1枚を破壊出来るのは、大きいですが、無理に狙いすぎなくてもいいかもしれません。
陽ゲージ5枚以上で+700になりますので、このまま使ってもよさそうです。

B032UC スカイハイラッシュ 5/0 700/500 --A
バトルに勝利した時、相手の手札1枚を捨て札、陽ゲージ7枚以上でATK+400
決めに使いたい1枚です。
出来る限り陽ゲージに7枚溜めてから使いたいですね。
ATK+1100になりますが、Uコマンドがついていないので、過信は出来ません。
手札を捨てさせた後、飛翔に繋げられれば理想ですね。

次に陰属性です。

B037C ドラゴンベアード 0/2 400/300 CU-
相手がディフェンスにカードを使用しなかった時、山札から1枚捨て札
コスト、上昇値、CUコマンド、テキストと使いやすい1枚です。
また、名前にドラゴンがついているので、ドラゴンダンスをATK+200出来ます

B042C ハーフムーン 0/3 500/500 -U-
このカードの重撃時、ハーフムーンを重ねればAT+200、陰ゲージに5枚以上ある時、DEF+300
こちらもATK、DEFともに使いやすい1枚です。
出来る限りATK,DEF2枚以上溜めてから使いたいですね。

B047UC サマーソルトリバース 0/5 800/400 -UA
バトルに勝利した時、相手は手札1枚を捨て札
Uコマンド持ちのATK+800なので、積極的に飛翔とともに狙いたいですね。
ただし、陰5コストの中で、唯一葛城だけ、自身のデキストでATK上昇があがりません。
ディフェンス秘伝や鉄壁のガードに備え、Uコマンドを2枚以上溜めてから使いたいところです。

次に飛翔です。

B052UC スカイハイクロウ 0/0 1000/0 --A
飛翔共通のテキスト
陽属性は全てにAコマンドがついています。
相手の忍ゲージや手札、山札に干渉しつつ、飛翔に持ち込むことが出来れば理想ですね。

次に秘伝忍法です。

B057R トルネードシュピンデル 4/4 1400/1200 ---
使用条件をしっかり確認しましょう。陰陽閃が忍ゲージにありますか?
自分の忍ゲージにある打撃の枚数分、ATK/DEF+100、バトルに勝利した時、相手の手札を3枚捨て札
DEFも上昇しますので、ディフェンスにも使うことが出来ます。
秘伝忍法を使うからには、なるべく通したいところです。
しっかりと相手の作戦を読みましょう。




これで葛城のカードの個人見解は終わりです。

飛鳥同様、バランスのよいカードが揃っていますが、飛鳥より攻めやすいカードはありません。

Uコマンド持ちに優秀な上昇、テキストをもったカードが多いので、連閃、重撃はしやすく、華麗に舞うことが出来そうです。

攻めも守りも両立出来ますが、やはり相手の場に干渉したいので、攻めよりの構築になるかもしれません。

自分が気に入っているカードはハーフムーンです。

上昇値、追加ATK/DEF上昇、Uコマンドと本当に使いやすいです。

ドラゴンダンス→ドラゴンバイトの流れを、序盤に決めることが出来れば理想なのですが、やはりドラゴンダンスの+200が厳しいですね。

序盤は厳しい戦いを強いられるかもしれませんが、中盤以降のUコマンド、高いATK、相手に干渉する効果を活かせれば、葛城らしい戦い方が出来ると思います。

テーマ : カードゲーム
ジャンル : ゲーム

第63回 「斑鳩」カード個人見解

2013年 04月08日 17:54 (月)

こんばんは。第63回です。

今回は斑鳩のキャラ・バトルカードの個人見解を述べていきます。

まずはキャラカードから。

C007~C012 レベル1~5斑鳩ですね。
斑鳩はレベル5のみ、能力が違います。

C009C レベル3斑鳩 800/400
ディフェンス時、相手が打撃の場合、DEF+200
このDEF+は気休めだと思っていいでしょう。
400+200しても、斑鳩のバトルカードのDEFではなかなか防ぐことが出来ません。
なので、レベル3、ATK800を活かして、攻めていきましょう。

C010C レベル4斑鳩 900/500
アタック側で勝利した時、相手のバトルカードを捨て札エリアへ移動
レベル4の時に、相手にすでに十分なゲージがあることが予想されます。
相手にとっては、あまりこのテキストは脅威でないかもしれません。
ATK900なので、攻めていくことがベストでしょう。

C011R レベル5斑鳩 1000/600
アタック時、テキスト「対抗」の効果を無効
くぐつダミーや、鉄壁のガードの対抗の効果を無効にできます。
相手のDEF上昇を減らす効果を無効に出来るのに加え、斑鳩のATKの高さから、大抵のバトルに勝つことが出来ます。
このレベル5斑鳩になった時に、押し切ることが出来れば、勝利は目前です。
ただし、返しのターンではDEF600しかないので、逆に押し切られる危険もあります。
また、くぐつダミーのDPを減らす効果も無効に出来るので、秘伝忍法でそのまま2ダメージ与えることが出来ます。

C012SR レベル5斑鳩 1100/500
ディフェンス時、相手は重撃を使えない
こちらのレベル5は守りが出来るようになります。
相手がUコマンドを使えないのはかなり有用ですが、DEFが500しかありません。
Uコマンドを使わなくても、軽くこちらのDEFを超えてくることは予想されます。
なので、自分の手札にUコマンドを溜めておかなければ、このテキストを使う前に負けてしまう可能性があります。

攻めか、守りか。 レベル5斑鳩は自分のスタイルにあったほうを選ぶといいでしょう。

次に閃属性です。

B002C 烈突 1/0 300/300 ---
陰陽ゲージに3枚以上あればDEF+300
陰陽各3枚以上でDEF+300ですが、斑鳩(が描かれている)のカードの中ではDEF600はほぼありません。
なので、中盤では使えるかもしれません。が、斑鳩のDEF値と合わせても安心できる数値ではありません。
Uコマンドもついていないので、安心はできません。
斑鳩の飛翔の条件の1枚です。

B007C 紅閃 0/1 400/300 ---
テキストなしの純粋な数値上昇のカードです。
先行1~2ターン目で手札に欲しいですね。
斑鳩のATKも活かして、積極的に使ってゲージを溜めていきましょう。
斑鳩の飛翔の条件の1枚です。

B012C 欺人脚 1/1 500/200 -UA
制限:Cコマンド、Uコマンドの後にこのカードは使えません。
ATK上昇値はかなりの物ですが、厄介なのがこの「制限」です。
Cコマンド後の追い打ちにも使えず、Uコマンドがついているのに、重ねられません。
もう一歩のところで攻めきることが出来ない、なんとももどかしいカードです。
このカードのUコマンドで、他のカードを重ねることは出来ます。
斑鳩の飛翔の条件の1枚です。

次に陽属性です。

B021C 悦慈斬 2/0 300/400 CU-
相手のディフェンスカードが陽属性の時、ATK+200
序盤から終盤まで使っていける使いやすいカードです。
斑鳩のATKに加え、CUコマンドがついているので、相手にプレッシャーを与えられます。
中盤以降でもUコマンドでDEFに使うことが出来るので、腐りにくいでしょう。

B026C 狭朱 3/0 400/300 CUA
ディフェンス時、相手は重撃を使えない
攻めてよし、守ってよしの使いやすいカードです。
攻める時にはCUAコマンド全て使えるので、相手にプレッシャーを与えられます。
守る時は、相手はUコマンドが使えないので、こちらが一方的にUコマンドを使えます。
なので、早々DEFは超えられないでしょう。
ただし、このカードでUを使いすぎないように注意しましょう。

B031UC 飛翔燕 5/0 800/300 --A
アタック時、相手のバトルカードの全テキストを無効、陽ゲージ7枚以上でATK+400
攻めにもってこいのカードです。
相手のバトルカードのテキストを全て無効に出来るので、くぐつダミーやDEF上昇の効果を恐れずに攻撃できます。
また、相手のディフェンス秘伝のテキストを無効に出来るので、手札が減ることがありません。
ただし、Uコマンドは使えるので、確実に攻撃が通るとは言えません。
ですが、ATK+800(+1200)に加え、斑鳩のATKですから、Uコマンドで数枚重ねないと乗り越えるのは厳しいでしょう。

次に陰属性です。

B036C 狭朱・改 0/2 600/300 C--
制限:連閃で使えない
低コストでATK+600と序盤~中盤にかけて使いやすいカードです。
Cコマンドがあり、ATKもよいので、相手からすれば中々厄介なカードです。
しかし、このカード自身を連閃の後で使えないので、連続でこのカードで攻めることは出来ません。
いざ、という時に使うことがでいないので、もどかしいと思う時があるかもしれません。

B041C 攻断円 0/3 700/300 -U-
アタック時、お互いは重撃を使えない 制限:このカードを重撃で使えない
お互いUコマンドが使えないので、純粋にATKとDEFの数値勝負になります。
しかし、テキストは使えますので、相手のDEFは上昇する可能性があります。
確実にATKが通るとは言いにくいです。
このカードもUコマンドで使えないので、やはりもどかしい時があります。


B046UC 磁転昇 0/5 1000/200 -UA
相手のディフェンス時、防御の場合ATK+300 制限:このカードを重撃で使えない
中盤~終盤の攻めに使いたいカードです。
斑鳩のATK数値と、このカードのATK上昇は脅威的です。
更にUコマンドがついているので、ATKはまだまだ上昇します。
Aコマンドがついているので、確実にこのATKを通し、そのまま飛翔に繋げられれば理想ですね。

次に飛翔です。

B051UC 神 0/0 1000/0 --A
飛翔共通のテキスト
斑鳩のATKを活かして、どんどん使っていきたいところです。
積極的に狙っていきたいでが、あまりAコマンドに気を取られて、守りやUコマンドがおろそかにならないように注意しましょう。

次に秘伝忍法です。

B056R 飛燕鳳閃・壱式 4/4 1600/1000 ---
使用条件をしっかり確認しましょう。陰陽閃が忍ゲージにありますか?
相手のバトルカードが秘伝忍法だった時、DEF+1000、バトルに勝利した時、相手は手札を3枚捨てる
驚異的なATK上昇の秘伝忍法です。ATK2000を軽く超えます。
出来る限りATK時に使って確実に勝負を決めたいところです。
守りの時に使うのは少々不安があります。
斑鳩のDEF数値ですから、DEF+1000してもUコマンドで軽く超えられてしまいます。
また相手の秘伝忍法時にしかDEF+1000されないので、注意しましょう。




これで斑鳩のカードの個人見解は終わりです。

クセの強いカードが多く、使いこなすには相当時間がかかりそうです。

ですが、随一の攻撃力を誇るので、相手のディフェンスを崩すことも出来ます。

DEFが低いから弱いとは思いません。

もしこちらが中途半端なアタックでディフェンスされてしまった場合、返しのターンで勝負が決まることもあります。

インテリメガネ使われた時が一番恐ろしいです。

「連閃、重撃出来ない」のテキストが無効になるので、攻撃力の高いカードでどんどん連閃、重撃をしてくる可能性があります。

またディフェンス秘伝をしても、秘伝のテキスト(条件は無視できない)は無効になります。

自分が気に入っているのは磁転昇です。

インテリメガネを使った後のこのカードで押し切り、そのまま飛翔の流れがとても気持ちいいです。

あと、インテリメガネありきで書いていますが、勿論必須とは言いません。

自分で好きな戦略を立て、その戦略、読み合いに沿ったカードを使ってください。

一番楽しいのはここですから。

テーマ : カードゲーム
ジャンル : ゲーム

第62回 「飛鳥」カード個人見解

2013年 04月07日 22:30 (日)

こんばんは。第62回です。

発売したばかりで、カグラTCGの情報があまりにも少ない…

そしてデッキのサンプルもない…

そんな時に役に立てれば、と思い個人のカードの見解と戦略等を書いていきます。

そうじゃないだろ的なものは自分の思った使い方をしてください。人それぞれです。

ではまずは飛鳥関連のカードから紹介していきます!

C001~C005
飛鳥レベル1~5ですね。
飛鳥は自分の戦略によってレベル4と5が変わってきます。

C003C レベル3飛鳥
バトルカードが斬撃であればATK+200
この辺りからが読み合いがアツくなってきます。
上手くプレッシャーをかけていきましょう!

C004C レベル4飛鳥
テキストなしのバトルカードを使用したらATK+300
コストの低い閃のカードですら500を超えます。
重撃時にテキストなしだった場合、更にそのカードに+300されます。

C032SR レベル4飛鳥
アタック側で勝利したら捨て札のバトルカードを忍びゲージに移動
重撃や捨て札にされたバトルカードを回収できます。
海へ行こうなどでゲージが減らされたとしても、カバーすることが出来ます。
試合が終盤になるにつれてゲージが溜まっていることが多いので、少し難しい気がします。

C005R C005ST レベル5飛鳥
アタック時、手札を最大2枚まで捨て、捨てた枚数分ATK+300
驚異的な攻撃力です。手札が2枚あれば、+600は確定します。
この効果は、重撃時に使えるので、こちらがUコマンドを持っていれば、重撃するかどうかのタイミングで、手札を捨て、ATK+300(+600)します。
相手が重撃した場合、2回まで使えるので、更に手札を捨て、ATK300出来ます。
相手の重撃時に使用したカードを見てから、手札をもう1枚捨てるかどうかを選択できます。
相手にプレッシャーを与えることが出来ます。

C005SR レベル5飛鳥
アタック側で勝利した時、1ターンに1度、使用したバトルカードに連閃効果を付与
どんなカードで勝利さえすれば、Cコマンドを付与できます。
飛や秘伝にも付与出来るので、ゲームセットまで持ち込める恐ろしい効果です。
当然、相手も連閃を警戒するので、確実に勝利したいところです。

次に技カードです。まずは閃属性から。

B001C 凪 1/0 200/400 C--
ATKは低いですが、後攻1~2ターン目で守るには十分のDEF数値です。
中盤以降で引いた時はカードパワー不足になるので、枚数を調整したいですね。
相手がディフェンスしない、を読んで凪で攻撃が通ればオイシイですね。
飛鳥の飛翔の条件の1枚です。

B006C 省刃 0/1 300/300 -U-
重撃持ちの閃は使いやすいですね。
中盤以降も重撃用として引いても使うことが出来るので、無駄にはなりにくいです。
飛鳥の飛翔の条件の1枚です。

B011C 飛塵 1/1 300/300 --A
凪の連閃で使った場合、ATK+200、陰陽各5枚以上でDEF+500されます。
凪が通りにくいので、強化テキストを使うのはかなり厳しいと思われます。
中盤以降で引いた時にはDEFカードとして使用できます。
DEF+800は中々の数値ですが、油断はできません。
飛鳥の飛翔の条件の1枚です。

次に陽属性です。

B20C 砂風車 2/0 300/400 C-A
相手のアタック時、陽属性ならDEF+200
ATKは力不足な気がしますが、序盤でのDEFでは活躍できそうです。
またCAコマンド持ちなので、勝利したときに相手に二択を迫ることが出来ます。
中盤以降では使わなくなるかもしれません。

B025C  捌き連刃 3/0 500/400 C-A
相手のバトルカードが打撃の時、ATK+300 陽ゲージ5枚以上でATK+200
陽ゲージ5枚以上でATK700になるので、プレッシャーをかけるには十分のATKです。
CAコマンドがあり、更にATK+テキストがあるので、上手くプレッシャーをかけていきましょう。

B030UC 旋空砂 5/0 600/400 CUA
このカードのUコマンドで、旋空砂を使用した枚数分ATK+200
全コマンド持ち+同名カードでATK+200上乗せとかなり優れたカードです。
旋空砂→旋空砂とした場合、600+600+200になります。
全コマンド持ち+ATK上昇で相手に相当なプレッシャーを与えることが出来そうです。
出来る限り、旋空砂を2枚以上手札に溜めてから使いたいですね。

次に陰属性です。

B035C 冥砂 0/2 400/400 C--
ダメージが3枚以上の時DEF+200
上昇値もよく、Cコマンド持ちなので序盤~中盤にかけて使っていきたいですね。
ダメージ3以上でDEF+200は、中盤以降だとかなり不安です。
出来れば攻めで使っていきたいところです。

B040C 怨砂 0/3 500/500 -U-
冥砂の連閃で使用した場合、ATK+200 陰ゲージ5枚以上でDEF+300
この上昇値でUコマンドはかなり使いやすいです。
冥砂の連閃で使えばATK700になりますが、連閃は途絶えてしまうので注意しましょう。
陰ゲージ5枚以上でDEF800、かつUコマンド持ちなので、ちょっとのことでは崩されないと思います。

B045UC 志昇陣 0/5 1000/200 --A
相手がディフェンス時、陽属性だった場合ATK+400 陰陽ゲージ7枚以上でDEF+500
中盤~終盤で猛威を振るいます。
このATKを活かして、確実に飛翔まで持ち込みたいところです。
陰陽7枚以上でDEF+500ですが、攻めに使うカードと考えていいでしょう。
このATKを守りに使うのは惜しいですね。

次に飛翔です。

B050UC 右空 0/0 1000/0 --A
飛翔の使用条件をしっかり確認しましょう。
バトルカードのテキスト全無効、Uコマンド無効なので、ほぼ確実に攻撃を通すことが出来ます。
先のバトルでAコマンド持ちの技で勝利しないと使えないので、このカードを使う手順をしっかり組み立てましょう。
飛翔を通したら手札がなくなったor防御が出来なくなった、なんてことにならないようにしましょう。

次に秘伝忍法です。

B055R 二刀繚斬 4/4 1400/1200 ---
使用条件をしっかり確認しましょう。陰陽閃が忍ゲージにありますか?
忍ゲージにある斬撃の枚数分、ATK/DEF+100 バトルに勝利した時、相手は手札3枚を捨てる
秘伝忍法を使うからには、確実に通したいところです。
斬撃の枚数分、ATK/DEF+100は、ゲージに斬撃があればあるほど上昇します。
DEFも上昇するので、ディフェンス時に使ってみるのもいいかもしれません。



これで飛鳥の技カードの紹介+個人見解は終わりです。

自分が気に入っているのは、旋空砂ですね。

終盤でも使っていけるのが強みです。相手のディフェンス秘伝も超えられるのも魅力です。

そして、全コマンドがついてることで、相手にたくさんの選択肢を与えられるところも好きです。

「連閃?飛翔?秘伝?また旋空砂?」と、駆け引きが更にアツくなります。

自分はこのカグラTCGに一番の魅力は、相手との読み合いだと思います。

全キャラクターの技紹介が終われば、自分なりの戦略なども書いていきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。