もこにゃんのオールナイトニッポン

カードゲーム中心に更新するブログ 音ゲー、ネトゲなんでもあり

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第66回 「柳生」カード個人見解

2013年 04月15日 18:57 (月)

こんばんは。第66回です。

今回は柳生のキャラ・バトルカードの個人見解を述べていきます。

まずはキャラカードから。

C019~C024 柳生のキャラカードですね。
柳生はレベル5のみ、能力が違います。

C021C レベル3柳生 500/700
射撃または防御のバトルカードを使用した時、バトルカードにATK/DEF+100

C022C レベル4柳生 700/700
このキャラクターカードがダメージエリアに移動した時、1枚ドロー
このキャラクターがダメージエリアに移動した時には、すでにゲームが終わっているかもしれません…
今後の追加カードに期待したいですね。

C023R レベル5柳生 900/700
1ターンに1度、スタンバイフェイズに手札を2枚まで捨て、その後捨てた分だけドロー
手札の入れ替えが出来ます。
このカードが登場した時には終盤なので、使わなかったカードと入れ替えて、備えましょう。

C024SR レベル5柳生 800/800
ディフェンスでバトルに勝った時、カードを1枚ドロー
柳生のバトルカードでディフェンスで勝つのは難しくありません。
防いだ後の1ドローに賭けてみるのも面白いかもしれません。

次に閃属性です。

B004C 天刃 1/0 300/300 -U-
低コストでありながら、Uコマンド持ちです。
そのため、手札に来て困ることはまずないでしょう。
柳生の飛翔の条件の1枚です。

B009C 連刃 0/1 300/200/ -U-
陰陽ゲージに各3枚以上ある時、DEF+300
こちらも低コストでありながらUコマンドもち、更に自己強化と使いやすいです。
ただし、基礎DEFは200なので注意しましょう。
柳生の飛翔の条件の1枚です。

B014C 零雹 1/1 300/300 -U-
ディフェンス側で勝利した時、相手のバトルカードをそのまま捨て札
陰陽ゲージに各4枚以上ある時、DEF+500
低コストでありながらUコマンド、更にディフェンス側で勝てば捨て札、自己強化と抜群の使いやすさです。
柳生の飛翔の条件の1枚です。

次に陽属性です。

B023C 踊り傘 2/0 200/200 CUA
バトルに勝利した時、1ドロー
全コマンド持ち、バトルに勝利した時に1ドローと使いやすいです。
ですが、上昇値は心もとないので、1ドローする必要があるのかを見極めましょう。
相手がディフェンスなしだった時はとてもオイシイですね。

B028C 開華 3/0 400/300 CUA
このカードの重撃で開華を使用した枚数分ATK+200、陽ゲージ5枚以上の時、ATK+200
全コマンド持ち、ATK上昇ととても使いやすいです。
コスト3で重ねれば重ねるほど強くなるので、相手も警戒するはずです。

B033UC 狂い傘 5/0 600/400 -UA
相手のバトルカードが陰属性の時、DEF+400
バトルに勝利した時、1枚ドロー
DEF上昇、カード1枚ドロー、更にUコマンドとコストに見合う働きをしてくれるはずです。
このカードにCコマンドはついていませんので、注意しましょう。

次は陰属性です。

B033C 散り傘 0/2 300/400 CU-
このカードの重撃で散り傘を使用した枚数分、ATK+100
CUコマンド持ちで、かつATK上昇なので、使いやすい1枚です。
また序盤での守りにも使えます。

B043C 残月 0/3 600/400 -U-
このカードの重撃で使用した枚数分、DEF+100
陰ゲージに5枚以上ある時、DEF+300
ATK値も600、そして上昇していくDEFと、とても優れている1枚です。
このカードの重撃で使うカードは指定されていないので、なにか1枚でも重ねればDEF+100されます。

B048UC 返し雨 0/5 700/300 -UA
このカードの重撃で射撃のバトルカードを使用した枚数分、ATK+200
このカードがバトルに勝利した時、1枚ドロー
Uコマンドに加え、射撃のバトルカードを重ねる度にATK+200、更に1ドロー出来ると優れものです。
積極的に狙っていき、相手をけん制できるような使い方が出来れば理想ですね。

次に飛翔です。

B053UC 諸行の音 0/0 1000/0 --A
飛翔共通のテキスト
柳生のバトルカードには、閃属性以外のほとんどにAコマンドがついています。
また、ATK上昇テキストも多数ありますので、狙う価値は十分にあると言えます。

次に秘伝忍法です。

B058R 薙ぎ払う足 4/4 1300/1300 ---
使用条件をしっかり確認しましょう。陰陽閃が忍ゲージにありますか?
自分の手札が5枚以上の時、ATK/DEF+500
バトルに勝利した時、相手の手札を3枚捨て札
手札が5枚の時にこの秘伝を使用した時に、手札は4枚になりますので、ATK/DEFは上昇はしません。
手札の枚数や、今後の展開を十分に考えましょう。

これで柳生のカードの個人見解は終わりです。

柳生のカードにはほぼ何かしらのコマンドがついています。

連閃、重撃、飛翔とその場に応じた展開が可能です。

この自由自在な戦いが出来るのが柳生の強みだと思います。

気を付けたいところは、重撃するタイミングですね。

1つ間違えれば手札消費は激しくなり、攻めも守りも出来なくなります。

いつでも重撃出来るのは確かに強いですが、それだけ手札の消費も多くなります。

自分が気に入っているのは開華です。

コスト、全コマンド、ATK上昇は本当に使いやすいです。

序盤から安定した戦闘展開が出来、中盤は堅い守り、鋭い攻めが理想です。

終盤で特に気を付けたいのが手札枚数です。

手札枚数が5枚以下であれば、相手の秘伝での能力上昇はしないとわかっているので、対策が取られやすいのです。

出来る限り5枚以上にしておき、相手にプレッシャーを与え続けましょう。

テーマ : カードゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。